スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の気温13℃

今日は、日中すごく暖かくなり、13℃でした。
春の近づきを肌で感じました。
タラの芽・ふきのとう・もち草・こごみ・たけのこ
今年は、山の幸・春の味を堪能できそうにないですね。
本当に残念です。
だんだん近くのお店にも品物が増えつつあり、ガソリンスタンドの行列も少なくなってきましたが、
ここでみなさん我慢して、なるべく車を使わないようにして、被災地に届けてあげましょう。

我が家のストーブは11日の地震以降1度も使っていません。
朝晩の冷え込みはまだ氷点下ですが、ここはグッとこらえて。

もうすぐ小中学校が始まります。
卒業式は、放射線を考慮して、中止しました。
いまは入学式は実施する方針のようですが…
このまま毎日少しでも放射線量が減り、原発問題が早急に解決してくれるを願っています。

スポンサーサイト

作付け延期…

本日の鮫川村の環境放射能測定値は 0.29マイクロシーベルト でした。
鮫川村の方に会うと、みなさん放射能の話。
今日は、種籾を冷やしてしまったが、作付けの延期によりどうしたらよいか…
と、心配している方がたくさんいました。
農作物の作付けを延期…
食べ物は人間の都合では、作付けが間に合わなくなってしまう野菜も多く…
いつまで延期すればいいのでしょうか?

たくさんの尊い命を奪っていった東日本太平洋沖地震…
私たちにできることから、取り組んでいって復興していくしかありません。
待機電力を減らしたり、なるべく出かけるのを控えたり。
少しでも多くの燃料が被災地に届くといいですね。

放射能や原子力発電所などについて、恥ずかしながらこの地震があってから
沢山のことを知りました。
本当は、もう少し早く学ぶべきことだったと反省しました。

おいしい水・おいしい野菜、米・おいしい空気・温かい人
この鮫川村がまたそう言われるようになるのはいつでしょうか?

春の香り。

3月27日今日も本当に寒い朝になりました。
2月中旬の陽気だそうです。
被災地のみなさんは、厳しい寒さの中の生活を余儀なくされているのを思うと、心が痛みます。
夕べ、福島県全域に農作物の作付けを延期するように!と県から通達がありました。
これから、土壌分析を行い、農作物への放射物の影響を調べるそうです。
今からでいいんでしょうか?そのような研究はなされて無かったのでしょうか。
今日は、米の種まきなども延期するようにとのこと。
鮫川村の農家も不安を隠せません。
肉用牛を、出荷しようとしたら、福島県の牛は受け付けてくれないっていう話を聞きました。
県のHPでは、牛たちにもなるべく川の水などを飲ませ無いように!と書いてありました。
エサも屋内にあったものを・・・とのこと。
屋内に保存しておいた餌もそんなにあるわけではないし、水道水となっては、料金も高くかかるし。
乳牛も肉用牛も村内の農家のほとんどが不安な毎日。。。
私たちにできることは?いったい何ができるのでしょうか?

今日、春の香り「うるい」を沢山いただきました。
ハウス栽培だから…と一言いただき置いて行ってくださりました。




いつもなら、笑顔で置いて行ってくれる野菜も、気を使って置いて行ってくださる方。
本当に心が痛みます。

今日は余震が少ない??

今日は、3月25日金曜日です。
もう年度末…毎年この時期は忙しい日々を過ごしていたはずですが、今年はなんだか毎日放射線飛散量を気にしてばかりいます。
今日の鮫川村は0.33マイクロシーベルトだったようです。
有機、有機と言いたいところですが、水稲の作付けに不安をいただいている毎日。
そういいながらも、温湯消毒を行った親分。
本当に福島の農作物はどんどん出荷できなくなっている状況です。
この深刻な状況はいったいいつまで続くのでしょうか?
放射線ってどこまで…何年…影響するんでしょうか…

今日も1日無事に・・・

3月22日も無事終わろうとしています。
帰るとすぐにもうインターネットを開き、福島第1原子力発電所のニュースを確認しました。
毎日毎日、本当に胃が痛くなりそうな感じです。
鮫川村の放射線量は0.43マイクロシーベルトだそうです。
鮫川村に避難してきている人も結構いるようです。
鮫川村の家は、古いですが沢山部屋があるので、個人の家に避難している方もいると聞きました。
あぶくまエヌエスネットでも2家族受け入れを考えているようです。
http://www2.ocn.ne.jp/~abukuma/rijityomessage/rijityomessage2.html
私たちにもできることがあれば…と、毎日考えています。

東日本大震災から11日

今日で、東日本大震災から11日目となりました。
本当に震災に会われた方に心よりお見舞いを申し上げます。
ここ鮫川村は、大きな震災はなく日常生活には変化がありませんでした。
燃料等の不足が今、一番の課題で、こんな田舎の地域では、ガソリンが無くなると本当に移動手段がなくなり、困っています。小さなおこさんをもつ方は特に、熱などが出たら病院に行く車がないそうです。毎日村外のガソリンスタンドに並んでは、10リットルずつしか購入できないという現実です。1人暮らしのお年寄りも多く、訪問もままならないと聞いてます。
そんな不安な生活、そして、福島第1原子力発電所問題と不安要素が増えてしまいました。
先日、いわき市に在住の友達がわざわざ鮫川村に買い物に来ていて、本当にいわきに物資が届いていない。という現実を思い知らされました。幸い農家なので、米はあるということで、野菜を購入していったようですが「帰りの分のガソリンしか残っていない」と言っていました。
今日、震災後初めて棚倉町のスーパーに買い物に行きましたが、お店の約半分の品物が無いように感じました。
毎日、毎日福島県のHPで放射能量を確認しながら生活しています。
ここ、鮫川村は比較的低い値で済んでいるようです。
飲料水や空気中の放射線量が大変心配です。今後どのようになるかのか…
先が見えないですね。

また雪降りました。


昨日もたくさん雪が降りましたぁ。
春先のこの思い湿った雪が木に積もりますこの雪の重みに耐えきれない木や枝が、静まり返った夜に【パキッパキッ】と折れる音が聞こえます(*^o^*)
小さな頃は、この音を怖がっていました。
大人になり、雪害という言葉を知りました。今はだいぶ雪が減りましたが…ここ鮫川は4月までちょこちょこ雪が降ります春の訪れももうすぐ…ゆっくり冬、そして雪を楽しみますo(^-^)o

村の舘跡です


今日も澄んだ青空です
村の舘跡【赤坂舘】。今綺麗に整備されています毎年少しずつ植栽されています
花粉症の私は杉が伐採されただけで一安心o(^-^)o
プロフィール

ちゃん

Author:ちゃん
「有機」に取り組み3年。
毎日奮闘する親分こと夫・・・
子分2人を含め元気な5人家族をのんびり見守る愛犬「ちゃん」。
そんな家族の日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。